レシピ紹介【クッキングメモ】サトイモが出始める頃、秋がはじまります


“サトイモ”

2022年9月18日

昔から人々の暮らしに密着した野菜です

俳句でイモが登場したら、それはサトイモの事を指すと言われているようです。松尾芭蕉や与謝蕪村の俳句にも登場し、サトイモは秋の季語として使用されています。「芋の露連山影を正しうす」飯田蛇笏にあるように、大きな葉の中心に大きくたまった露に美しさを感じたひとも多いのではないでしょうか。昔から人々の暮らしに密着した野菜であり、秋の収穫を祝って、お供えとしても使われていますね。

旬や収穫時期は、9〜12月の秋〜冬です。
ねっとり、ホクホクした食感は定番の煮ものはもちろん、揚げものやグラタン、じゃがいものかわりにポテトサラダなど、さまざまな楽しみ方ができます。栄養価は、炭水化物、ミネラルや食物繊維などをバランスよく含んでいます。ぬめり成分は水溶性食物繊維の一種で、腸内環境を整えるほか、生活習慣病の予防にも効果的です。

●ごま和え
サトイモ3〜5個の皮をむき、食べやすい大きさに切り分け、竹串などが通るまで下茹でします。 器にすりごま(白・黒お好みで)10g、練りごま(白・黒お好みで)小さじ1、醤油小さじ2、自然塩適量加えよく混ぜ合わせます。そこに下茹でしたサトイモを入れよく絡め合わせると完成。秋のお茶請けにどうぞ。

●簡単照り焼き
サトイモ3〜5個の皮をむき、食べやすい大きさに切り分け熱したフライパンにごま油で炒めます。 表面にこんがりと焼き色が付いたら、弱火にし蓋をして竹串などスッと通るようになるまで置きます。火が通れば、醤油大さじ1、てんさい糖(洗双糖でもOK)大さじ1、照りを付けるのにマヨネーズ大さじ1/2を入れ、中火で炒め絡めると出来上がり。

【今回紹介した季節の野菜】

有機里芋

【今回のレシピで使用した商品】

和田萬商店 有機白すりごま 50g 227円
和田萬商店 有機黒すりごま 50g 227円
和田萬商店 有機白ごまペースト 80g 475円
和田萬商店 有機黒ごまペースト 80g 475円
金沢大地 有機醤油こいくち 900ml 1,458円
能登製塩 奥能登 海水塩 100g 464円
オーサワの圧搾ごま油 140g 399円
ムソー てんさい含蜜糖 粉末 500g 454円
洗双糖(粗製糖) 1kg 497円
ムソー 平飼い鶏の有精卵マヨネーズ 290g 508円

 


 
  • 有機野菜
  • スパイス&ハーブ
  • 業務用
  • オーガニックフーズ専門の卸会社です

グループから探す

モバイルショップ

お取引きをご希望のお客様へ

“いいね”

グループから探す

>