【オーガニックレストラン】1月有機野菜のベジまん「クレヨンハウス・レストランシェフが贈る季節のレシピ」


“有機野菜のベジまん
 

2022年1月4日

冷たい風が吹く、寒い外から帰ったら、ほかほかの蒸しまんじゅうが待っていた……なんて、想像しただけでしあわせな気持ちに!


【シェフのひと口ポイント】

寒い季節は生地が膨らみにくいので、暖房のきいた部屋に置いておくと発酵がスムーズです。

有機野菜のベジまん

もっちりとした全粒粉の生地に有機野菜の餡がたっぷりつまった、「肉まん」ならぬ「ベジまん」です!

【材料8個 調理時間30分※発酵時間は除く】

■生地

【A】
強力粉 200g
全粒強力粉 50g
てんさい糖 8g
塩 5g
天然酵母(ドライタイプ) 4g

水 125-150ml
なたね油 小さじ2

【つくりかた】

1:ボウルに【A】の材料を入れ、よく混ぜ合わせる。水を加えてこね、ひとまとまりにする。
2:生地がなめらかになるまでよくこねる。丸めてボウルに入れてラップをし、暖かい場所に置いて生地が2倍になるまで待つ。
3:発酵したら8等分にして丸め、直径10cm位の円形に伸ばす。餡(下段参照)を包み、蒸気の上がったせいろで10分ほど蒸す。

■有機野菜の餡

大豆ミートミンチ(乾燥)40g
干し椎茸 3個
切干大根 15g
ごま油 適宜
生姜 5g
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/2本
たけのこ(水煮でも可) 1/4本
塩 適宜

【A】
豆味噌 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ3

【つくりかた】

1:大豆ミートミンチをお湯で戻し、よく洗って水を切る。干し椎茸と切り干し大根は、それぞれ1カップの水で戻してみじん切りにする(戻し汁はとっておく)。
2:フライパンにごま油を熱して生姜を炒め、みじん切りにした玉ねぎを入れて炒め、1の大豆ミートミンチを加えて炒める。
3:みじん切りにしたにんじん、たけのこ、1の干し椎茸、切干大根を入れ、戻し汁もひたひたになるよう加えて塩少々を振り、フタをして中火で煮る。沸いたら弱火にして5分煮る。
4:合わせた【A】を加え、よく混ぜながら火を通す。8等分して生地で包む。


レシピ:オーガニックレストラン広場 山田真規子

【今回紹介した季節の野菜】

有機生姜
有機玉ねぎ
有機にんじん


【今回のレシピで使用した商品】

ビオマーケット 有機小麦粉 強力粉 400g 616円
ビオマーケット 有機小麦粉 全粒粉 400g 497円
ムソー てんさい含蜜糖 粉末 500g 432円
風と光 有機ドライイースト 30g 594円
アリサン 有機ジャックの豆ミート 150g 470円
やさか共同農場 干し椎茸(標準) 50g 703円
ビオマーケット 有機切り干し大根 48g 430円
有機立科豆みそ(カップ) 1,058円

 


 
  • 有機野菜
  • スパイス&ハーブ
  • 下段バナーの説明文

グループから探す

モバイルショップ

お取引きをご希望のお客様へ

グループから探す

>