レシピ紹介【クッキングメモ】鮮やかな色も食感も、春そのもの。スナップエンドウの登場です!


“スナップエンドウ”

2021年3月1日

光が透明感をまし、日差しが温かな季節。3〜6月が旬のスナップエンドウが、すでに春を迎えた鹿児島県から到着しました!

グリーンピースの仲間ですが、豆が成長して大きくなっても硬くならずサヤごと食べられるのが特徴です。また、スナックを食べる食感に近いことから別名スナックエンドウとも。甘みが強くビタミンCやカロテンも多い緑黄色野菜で、シャッキとした食感も楽しめます。サヤつきのままさっと塩茹でするだけでもOK。煮ものや炒めものにはもちろん、スープやサラダなど幅広い料理に活躍。筋の部分を取り除き、さっと下茹でしてお召し上がりください。

●おかかあえ
ヘタと筋をとって軽く茹でたのを水切り。めんつゆであえて(お手製、わが家の特製だし汁でも)、おかかをかけていただきます。マヨネーズでも美味ですが、こちらもすっきりと爽やか。緑をいかした料理です。

●ピーナッツバター和え
スナップエンドウ(1パック100g)のヘタと筋を取り除きます。沸かした湯で30〜40秒ほど茹でて水で冷やして器に。ボウルに無糖ピーナッツバター大さじ1、みりん大さじ1/2、醤油大さじ1/2、ごま油小さじ1、お好みで白すりごまを適量入れ混ぜ合わせドレッシングを。そこに下茹でしたスナップエンドウを加え和えると完成。下茹でしたエノキ(1パック)を加えてもGood。 茹でたあと、ザルで冷ますと、水っぽくならず一層美味に。

●ツナの卵とじ
ヘタと筋を取り除いたスナップエンドウ(1パック 同上)は、斜め半分に切り分けます。鍋に切り分けたスナップエンドウとツナ(1缶 90g)、水200?、だしつゆ小さじ2、洗双糖大さじ1を入れ火にかけます。5分程度煮たら溶き卵(2個)を流し入れて、卵が固まれば出来上がり。ご飯がすすむ1品です。

※画像はイメージです

【今回紹介した季節の野菜】

有機スナップエンドウ

【今回のレシピで使用した商品】

新丸正 鰹ソフト削り 16g 216円
オーサワ めんつゆ 310g 669円
松田 マヨネーズ(甘口) 300g 518円
オーサワ 豆乳マヨネーズ 300g 718円
アリサン ピーナッツバター(無糖) 454g 1,458円
甘強酒造 みりん風調味料 500ml 1,004円
マルシマ 純正醤油 550ml 627円
九鬼産業 純正胡麻油 170g 335円
和田萬商店 白すりごま 50g 205円
創健社 ノンオイルOhツナ 90g 410円
ビオマーケット だしつゆ 300ml 535円
ビオマーケット 洗双糖 1kg 497円
黒富士農場 オーガニック卵 6個入り 903円




  • 有機野菜
  • スパイス&ハーブ
  • 下段バナーの説明文

グループから探す

モバイルショップ

お取引きをご希望のお客様へ

グループから探す

>