レシピ紹介【クッキングメモ】風味がギュッと凝縮された期間限定の黒豆枝豆「たんくろう」


“黒豆枝豆”
 

2021年8月3日

旬の美味しい時期のみの出荷のため、およそ3週間の期間限定の貴重な枝豆

夏のおつまみの定番と言えば、やっぱり枝豆!  そして、黒豆枝豆と言えば、丹波のものが有名です。が、今回は美しい富山湾と日本アルプスの一つ飛騨山脈に囲まれた自然豊かなところに畑をもつ、小原営農センターの「黒豆枝豆」を。品種は風味がギュッと凝縮された「たんくろう」。7月下旬から出荷がはじまります。旬の美味しい時期のみの出荷のため、およそ3週間の期間限定の、貴重な枝豆です。良質なタンパク質や、ビタミンB1、ビタミンCなどの栄養素もバランスよく含んでいて、アルコールの分解を促し、肝機能の働きを助け、飲みすぎや二日酔いを抑える働きがあり、まさにおつまみに最適と言えます。そのままシンプルな枝豆もいいですが、マリネやかき揚げなどにもよく合います。また、茹でてしまうとお湯に栄養価が流れ出してしまうので、蒸し枝豆がおすすめ。よく洗った枝豆(1袋)に自然塩(適量)を揉み込んで、大さじ2程度の水をはったフライパンに入れ、フタをして約7〜8分蒸してください。お好みの硬さになったら火を止め、粗熱を取ったら、出来上がり。自然の美味しさをお楽しみください。レシピは通常の枝豆にも応用できます。

●煮びたし
少し硬めに蒸した枝豆(1袋分)をサヤから取り出します。鍋に水300cc、醤油大さじ1、みりん大さじ1、料理酒大さじ1、和風だし小さじ1、お好みでかつお節を適量入れ、枝豆を加えひと煮たちさせます。粗熱を取って器に移し冷蔵庫へ。冷えた枝豆が美味しい作り置きの出来るおつまみです。

●ずんだ(エダマメペースト)
蒸した枝豆(1袋分)の粗熱を取ったらサヤから出し、薄皮を取り除きます。フードプロセッサー(すり鉢など)に枝豆、オーガニックシュガー30g、無調整豆乳50mlを入れてペースト状にすると完成。ツブツブ感や甘さなどはお好みで調整ください。隠し味に醤油少々加えると深みを増します。ずんだ餅はもちろん、パンやクラッカーなどのディップとしても

【今回紹介した季節の野菜】

有機黒豆枝豆

【今回のレシピで使用した商品】

海の精 あらしお(赤) 240g 648円
金沢大地 醤油こいくち 360ml 810円
甘強酒造 みりん風調味料 500ml 1004円
甘強酒造 純米料理酒 500ml 842円
スカイフード 和風かつおだし 4g×8 454円
ビオマーケット オーガニックシュガー 350g 516円
マルサンアイ 豆乳無調整 1000ml 335円

 


 
  • 有機野菜
  • スパイス&ハーブ
  • 下段バナーの説明文

グループから探す

モバイルショップ

お取引きをご希望のお客様へ

グループから探す

>