有機大根 1本

Y0310

473円

会員のみ購入できます

ダイコンに含まれる酵素の働きは、肉や魚などのタンパク質を分解、消化・吸収されやすくなるので、胃もたれ、胸やけなどを防ぐ効果があると言われています。また皮の周辺にビタミンCが多く含まれているので、皮ごと食べればしっかりと摂ることが出来ます。有機栽培だからもちろん丸ごと食べても安心。味がしみこみやすいだけでなく、煮くずれもしにくいのでおでんや煮込みはもちろんのこと、甘みがあるのでサラダ等の生食にも向き、イタリアンやフレンチでも出番頻繁。バターやオリーブオイルとの相性も抜群です。さまざまな料理に大活躍のダイコンをたくさん召し上がってください。
<おすすめの召し上がり方>

●ダイコンと豚バラ肉の煮もの

ダイコン(1/4個)は皮ごと1?幅程度のいちょう切りに、豚バラ肉(100g程度)は3?幅に切り分けます。ブナシメジ(1/2パック)は石づきを取り、手でほぐします。熱したフライパンにサラダ油を引き、先にダイコンを炒め、少し焼き色がついたら、豚肉、ブナシメジを加え2〜3分ほど炒めます。そこに醤油大さじ1、料理酒大さじ1、洗双糖小さじ2、みりん小さじ2を加え弱火で煮込むと完成です。



●ダイコンもち

ダイコン(1/2個)は皮ごと擦りおろし水気をしっかりと絞り、器に移します。そこに片栗粉大さじ2、小麦粉大さじ2を加え手で混ぜ合わせます。合わさったらお好みの大きさに分け、形を整えたらフライパンに少量の油を引き、両面をこんがりと焼き色が付くまで焼きます。焼けたら一度器に移します。
フライパンに醤油大さじ1、みりん大さじ1、洗双糖大さじ1、料理酒小さじ1を入れ、ひと煮立させたら火を止め、焼けたダイコンもちを入れて絡めれば完成。焼きのりを巻いても美味です。辛子醤油でも、さっぱりとした大人の味を楽しめます。

【配送可能温度帯】冷蔵のみ

イメージはありません。

>

グループから探す

>